Month: 10月 2017

弁護士の仕事内容

Posted on Updated on

弁護士の仕事は、ドラマなどでも、よくとりだたされているように裁判官の前で答弁したり、尋問したり、依頼者を守るために一生懸命仕事としてくれるというかっこいい仕事のイメージがありますよね。
実際の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。
弁護士の仕事には、刑事事件の民事事件があります。
刑事事件は、よくドラマなどでしているように犯罪を犯した被疑者や疑いのある人の罪の重さを国である裁判所と検討したり、判断したりしすることです。
民事事件とは、自己破産や離婚、遺産相続などのように当人同士の権利や義務などについて検討や判断をすることです。
このような場合は、依頼してきた人にはどのような義務や権利があるかを教えて、希望であれば、訴訟を起こし、裁判をしたりするとができます。
ただ、必ずしも裁判で勝てるかどうかわかりません。
なので、確実に裁判で勝てるように証拠を集めたり、勝てるように権利の構成を考えたり、地道な作業も弁護士の大事な仕事のひとつです。
ドラマのような派手な仕事ばかりではなく、地道な努力もしているのが弁護士の仕事内容です。