不動産にも気持ちはあるかもしれないから…

Posted on Updated on

不動産がもたらすもの、ほとんどは人生の支えになることのほうが多いといいます。
しかし、時に人生が狂うほどの不動産に姿を変えることもあるといえるでしょう。
それは担保であったり、投資であったり不動産にたくさんの有益を求めた時のようです。

住宅ローンを払いながらも普通に暮らすことのほうが、不動産は穏やかでいられるようです。
とはいえ、ぜったい不動産に有益を求めてはいけないとも言い切れなかったりします。
そう、背伸びさえしなければ、不動産が有益に変えてくれることもあるからです。

ことわざにもなったように、不動産にも謙虚でいることのほうがいいようです。
ただ、不動産を使う目的によっても、有益の大きさはだいぶ変わるものかもしれません。
さすがは、契約に重みをもたせるだけの不動産、不動産も人をみるかのように怖いものになるということでしょう。

不動産に顔があるわけではありませんが、表情の変化には気をつけたいところだと思えます。
人にも感情があるように、不動産にも喜怒哀楽というものがあるということなのかもしれません。
まあ物といえども、時には不動産の立場になって不動産の気持ちも考えてみたいものです。