簿記の勉強をしておくと税理士試験を身近に感じやすい?

Posted on Updated on

資格試験を受験するためには、試験日や願書の受付期間などの事前確認が必要です。
また、試験科目数やその内容も知っておきたいですね。
そのうえで、必須科目や選択科目があることを把握しておくと、試験勉強がやりやすくなります。
税理士試験の場合も同じです。
ただし、税理士試験科目は、必須科目・選択必須科目・選択科目に分類できることも知っておきましょう。
税理士試験には「税法」に属する科目や「会計学」に属する科目があり、それぞれの試験内容は理論と計算問題で構成されています。
税理士の仕事をするには、確定申告の書類作成などのスキルが不可欠です。
そのためには、簿記の勉強をしておくと、税理士試験に役立つのではないでしょうか。
なお、「日商簿記検定1級」に合格すれば受験資格ができますが、大学などで「法律学」又は「経済学」を1科目以上履修した人なども受験対象になります。
後者の場合は、専門科目かどうかは問われないことが大きな強みです。
もし、簿記を勉強したことがない場合、簿記の基礎から始める必要があります。
このような理由もあり、簿記を学んだ人は税理士試験を身近に感じやすいかもしれませんね。