ブルーレイとDVDにはどんな違いがあるの?

Posted on Updated on

すでにブルーレイが世の中に普及している中、今更ブルーレイとはどんなものなのか、なかなか質問できないという方もいるかもしれませんね。
今回は、ブルーレイとDVDの違いについて簡単に説明していきますね。
まず外見上の違いがあるのかどうかという点に注目してみましょう。
DVDとブルーレイでは、大きな違いがあるわけではありませんので、ブルーレイを作成する時に、メディアを購入するかもしれませんが、間違えないように注意する必要がありますね。
せっかく購入したのに、使えないなんてことにならないように、しっかりと確認してから購入するようにしてくださいね。
DVDとブルーレイの一番の違いは、ブルーレイとDVDでは書き込める容量がまったく異っているということです。
ブルーレイに記憶できる容量は、DVDの5倍ほどになっているので、動画やデータ量の大きなものについては、DVDよりもブルーレイを選択する方が良いでしょう。
ですから仮に自分のPCにブルーレイを書き込めるドライブが入っているのであれば、とりあえずブルーレイのメディアを買っておけば、作成時に便利でしょう。